fc2ブログ

【九州旅行】その7 2月6日(3日目)長崎市内(後篇)

眼鏡橋をみて、まだ時間があったので
また路面電車に乗って、崇福寺

ここは江戸時代初期に長崎にやってきた華僑の人が創建した寺です。
大雄宝殿と第一峰門は国宝に指定されています。
朱塗りなので中国を思わせますよね♪

三門
崇福寺三門

第一峰門
崇福寺第一峰門

大雄宝殿
大雄宝殿

ここから長崎の繁華街思案橋が近いんでそこまで歩いて、
また路面電車に乗って浦上のほうに向かいます。
長崎路面電車

次に行くのは
長崎原爆資料館・平和祈念館

1945年8月9日11時2分
6日の広島に続き長崎に原子爆弾が投下されました。
それにより約7万人が亡くなりました。

ただ、長崎には広島より威力の強い原爆が落とされたのですが
この原爆投下はアメリカにとっては誤算で

長崎という山に囲まれた地形が被害を小さくしたと言われています。
そのため、朝訪ねた大浦天主堂やグラバー邸の歴史的建造物は
爆心地からかなり離れているため被害を免れています。

本来は小倉に落とされるのですが天候不良で長崎に替ったと言われています。
小倉に落ちていたら相当な被害だったと思われます。

また、浦上地区はキリスト教の多い地区であり
同じ宗教の人々を殺してしまったことも誤算でした。

それと長崎に落とされた理由は三菱の造船所があったからです。


11時2分で止まった時計や
ぐにゃぐにゃに曲がった鉄骨、ガラスを見ると
原爆の悲惨さや惨忍さが窺い知れます。

最初は、行く気にならなかったんですよ。
広島でも同じものを見ているんで。
でも、それではいけないと思いまして、
核兵器の使用と戦争はしてはいけないものと強く認識致しました。
このようなことは2度とないように、
日本が唯一の被爆国ですから
世界へ後世へ伝えなければならないと思うんで。

そのあと平和祈念館へ

そこで平和の祈りをしてきました。
爆心地を通って平和公園
浦上天主堂跡


あの有名な平和祈念像があります。
平和祈念像

この平和祈念像は北村西望作で

垂直に高く掲げた右手は原爆の脅威を、
水平に伸ばした左手は平和を、
横にした足は原爆投下直後の長崎市の静けさを、
立てた足は原爆の恐怖を表し、
軽く閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈っている


とのことです(WIKI参照)

長崎平和公園


そこから長崎駅に戻り
長崎駅近くの

日本二十六聖人殉教の地
日本26聖人殉教地その1

ここは豊臣秀吉の命により
キリスト教信仰を理由に長崎で26人がここで処刑された(殉教されました)
その中には12歳の子供含まれていたそうで。。。
気の毒だなぁ・・・
日本26聖人殉教地その2

その日本二十六聖人に捧げられた教会堂が大浦天主堂なのです。

びっくりしたのは執行の日が2月5日ってこと。
昨日で412年経つんですね。

この記念碑の近くには記念館もあります。

そのあと、ここで長崎駅に戻ってこれで観光は終わりにしようと思ったんですが
なにか物足りないんで、
あと1か所見ようってことで

出島と中華街迷ったんですが

中華街へ。
長崎中華街

出島は最近出来たみたいなんで(^^ゞ

ランタンフェスティバルの影響もあって
ランタンがいっぱいでしたが

せっかく中華街に来たんで

角煮まん~♪
(トンポーローまん?)

角煮まん

いやぁ、おいし~い~☆

2個食べちゃったwww



で戻ってお土産を
カステラ・ちゃんぽん・からすみ・くじらなどなど。。
長崎といえばからすみなんで買ってみました。
一番安いの(爆)

長崎は原爆やキリスト迫害・水害など
過去の悲劇があるからこんな美しい町なのだな
悲しさを知っているやさしさがある町だなぁと思いました。
ホントはもっといろいろ見て歩きたいけど
ここでタイムリミット。

また長崎に行きたいなと思いました。
まだ、見切れていないよ。1日では時間が足らない。
こんどはゆっくりと。

最後に長崎に来たんで、

長崎といえば、

○だまさし
(○の中は勝手に想像してくださいwwww)

「精霊流し」

って歌がありますけど
(○だまさしというかグレープなんですがw)


去年の あなたの思い出が
テープレコーダーから こぼれています
あなたのために お友達も集まってくれました~♪



って歌

精霊流しのこの歌のイメージのせいか

精霊流しってのは静かな悲壮感ありありのイメージの
死者の魂を弔って灯籠を川に流す行事のことかと思ったんです。

しかし
長崎の精霊流しは

精霊船とよばれる船に故人の霊を乗せて送る行事

こう聞くとあまり変わらないじゃねぇーかと思いますが

船の大きさが祭りの山車並に大きく、
船も豪華な提灯が何個も取り付けていたり
それが町中を回るそうです。
また、爆竹を鳴らしたりして賑やかなんだそうです( ̄□ ̄;)

だから、あの歌のイメージで長崎の精霊流しを見ると
イメージが全然違うわけですが

最後に○だまさしの「精霊流し」は

精霊流しが ”華やかに”始まるのです~♪

と締めくくっているんですね。




ここから最終目的地へ

かもめ26号で博多へ。

でも電車が「白いかもめ」じゃなくて「SONIC」だったんですが(涙)
だから大分の広告が・・・
後で鉄オタのMさんに聞くと中身はそんな変わらないそうな。

それでも革張りの座席はサイコー!

だから九州の電車はレベルが高い~

でも荷物置き場が狭い。飛行機のアレをイメージしているんだろうけど
それと指定席にして正解。

S・A・G・A佐賀!からいっぱい乗ってきた。
なんで~???
地味なとこだと思っていたんで。

鳥栖まで来たときは真っ暗。
鳥栖といえばサガン鳥栖と佐賀競馬?
今度は佐賀競馬場に行きたいねw

博多乗り換えで新幹線で小倉へ。

小倉に着いたのは20時!

駅のかしわうどん食ってホテルへ。

明日はいよいよ初の小倉競馬場です。


*********************************************

ということで順番が逆になりますが

小倉大賞典(2月7日付日記)

これで九州旅行記はひとまず終わりです。
最後にエピローグをww
スポンサーサイト



【九州旅行】その6 2月6日(3日目)長崎市内(前篇)

朝8時にホテルを出るんだけど
1時間ほどの時差があるカンジ。
関東でいうと7時前のカンジ。

今日は1日長崎市内を観光します(^o^)/

一番、行ってみたいところだったんでw

ちなみに、天気は

あぁぁぁ 長崎ぃは~ 今日は 晴れだった~♪

ということでみっきーさんも晴れ男ですなぁ(^o^)
クールファイブのボーカルでコイウタオーナーの前川清は長崎県出身
「長崎は今日も雨だった」「中ノ島ブルース」と
地元長崎を歌った歌が多いですね。
んん、中ノ島ブルースの舞台の3都市(札幌・大阪・長崎)制覇?
ナカノシマブルースって馬がいたけどどうしたかなwww

まずは市電に乗って大浦天主堂へ。
というときに乗り間違えた(-_-;)
今日はそんなこともあると思ったんで一日乗車券で。


停留所を降りて少し歩くと
大浦天主堂
大浦天主堂その1

大浦天主堂その2

聖マリア像(大浦天主堂)


日本に現存する最古のキリスト教の教会で国宝(唯一の洋風建築)に指定されています。
ここは日本二十六聖人に捧げられた教会です。
(ちなみに二十六聖人については後篇で)
中に入ってみると
ステンドグラスやキリストの絵画があって教会らしいですね。

大浦天主堂から坂道を上ると辿り着くのは

グラバー園

ここは西洋建築の洋館が移築されて公園になっているところ。

坂が急なんで上から見て行きますけど。。。

グラバー邸だけかと思ったんですけど
いろんな洋館があるんですね~♪
明治時代に長崎で活躍された海外の方の住宅が展示されています。
中も見れるみたいですしね。

旧リンガー住宅
旧リンガー住宅

旧オルト邸
旧オルト邸

旧三菱第2ドックハウス
旧三菱第2ドックハウス

そしてメーンの旧グラバー邸
旧グラバー邸

日本最古の木造洋風建築なんだそうです(^o^)
中も見学できて、当時の様子を忍ばせています。
グラバーは貿易商ですが造船や炭鉱の経営をして財をなした方です。
また、倒幕派を支持し、かくまった天井裏の部屋も公開されていましたよ~。
グラバー銅像

それに小高い丘にあるので港が一望できますよ~♪
長崎港

函館は広々ってしているけど、長崎は狭いけどそこに趣がありますね

グラバー園は見ごたえがありましたよ。
こんな広いと思わなかった~♪
ちょっと予定時間オーバー(^▽^;)


坂を降りて、次に向かうは
孔子廟
孔子廟

やっぱり、中華街がありますからね。
唐人屋敷とかもあるんですが今回は時間がないんで。。。
こういう建物はありますよね。
日本の孔子廟で長崎のが一番だそうです。
孔子廟は文字のとおり孔子を祀っているところです。。
(ちょっと予定外で行くことになったんですが)

そのあとはオランダ坂
オランダ坂

あの写真とかで有名な石畳の坂。
洋館が建ってこのカーブがいいねぇ。
異国情緒が漂いますね。。
なんか、長崎に来たんだなぁと感じます。


それにしても坂が多いなぁ~。
坂に登るのがキツい。年かなぁ~。
足が重い(-_-;)

でちょうどお昼になったので
また大浦天主堂の近くに戻り

長崎といえば

ちゃんぽん

ということで行った店は「四海楼」(^o^)/
元祖ということで
また、結構お勧めみたいなんで。

ちゃんぽん、おいしかった~☆
長崎チャンポン

今度は皿うどんの細麺も食べたいwww

実はこの店の位置を勘違いしていて孔子廟とか見ることになったんです。

でまた、市電に乗って、今度は賑橋って電停で降ります。
そこから向かう場所は

眼鏡橋
眼鏡橋

石造りの美しいアーチ型の橋です。


みっきーさんは眼鏡橋の存在をこれで知りました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%B4%8E%E5%A4%A7%E6%B0%B4%E5%AE%B3

無残な姿が・・・思い出されます(涙)

ランタンフェスティバルをやっているんで
ランタンがいっぱいですが
干支で並んでましたが
やっぱりこ動物を。
ランタン


夜だったらきれいでしょうね。。

ふと、うちの親から、眼鏡橋のたもとのカステラ屋がおいしいというんで
「匠寛堂」
ここは1本だけ買いました。宮内庁御用達らしいし
いいもの使っているみたいなんで。。。

あと、ぴったしんこカンカンで安住さんと石ちゃんも食べた

チリンチリンアイス
チリンチリンアイス

今日は歩いてもいるし、暑いんで
アイスもいいかもね☆

でそこからまた市電に乗って・・・・

【以降続く】

次回は

【九州旅行】その7 2月6日(3日目)長崎市内(後篇)

【九州旅行】その5 2月5日(2日目)島原→長崎(稲佐山まで)

島原外港に到着したんですが
市内へ行くバスがな~い。
やっと来たバスは
運転手さんに遠回りしますけど行きますよ
と言われやっと乗れたけど、
乗客はお年寄りばかりで(涙)
乗客のおじいさんが、
駅まで直行しちゃいなよ。わしらは後回しでええからw
とのんびりムードww

で島原駅へ。
島原駅

お城の門みたいな駅ですね。

まずは島原城へ。またお城ですが(笑)

駅から見えるくらいなんで近かったw
その前にお腹が空いたので
島原の郷土料理
具雑煮

行った店は「姫松屋」

具雑煮とは島原地方の郷土料理です。
詳しくはお店のHPへ
具雑煮

熱かったですが、
あっさりしておいしかったです~♪

いろいろな具が入っていましたよ。
かまぼこ、穴子、卵焼き・れんこん・ごぼう・鶏肉・シイタケ・・・
そして餅が4っも!

そして、島原城へ。
島原城

ここはいろんな大名が住んだそうですが・・・
島原の乱でも有名ですね。
天草四郎が籠ったのは原城って言ってもっと南にあります。

さすがに天気がよくなくて普賢岳は見られませんでした・・・(>_<)
島原市内
(有明海側を望む)

あの大火砕流が流れて多数の被害者が出たのは実家にいたころだからなぁ。
マスコミの方々が多数亡くなりましたね。。
自然災害の恐ろしさを感じました。。。

島原城を後にして
武家屋敷通りへ。
島原武家屋敷通り

ここは通りの中央に水路が流れていて静かなところでした。
雲仙からの湧水が流れているみたいで。。。
3軒ほど残されており当時の生活が窺い知れます。
島原武家屋敷

かんざらしって水菓子が有名です。
食べなかったけど。

この2ヶ所を見て、島原駅に戻ります。
ここから長崎に行くんですが
直通のバスでもあるかなと思って調べたらないんで
島原鉄道という地元の私鉄に乗ることに。
急行だったんですが気動車でそれも

1両

1両ってはじめてかも。
ローカル私鉄ですが、普賢岳噴火の後には廃止の噂もあったほど。
それでも走らせているんだから頑張っているなぁ☆
これで終着駅の諫早まで向かいます。

進行方向右側は有明海が見えていいね♪

途中に平比良町駅ってのがあるんですが

あの高校サッカーで有名な国見高校がある町です(^o^)/

大久保や平山もここにいたのか~
っていっても立ち寄らず通過w

1時間くらい揺られて諫早に到着~
疲れて、ちょっと電車のなかで寝てしまった。。。

諫早は乗り換えのみ!
結構、大きな街ですね。後で調べると
ここにも眼鏡橋があるみたいですが
行けるときがあれば行ってみたいね。
最近は体操の銀メダリストの内村航平選手の故郷ですよね。
諫早

ここで長崎行きに乗り換え。
ここも鈍行でw
時間も17時くらいなので高校生がいっぱい!

そして17時40分に、長崎到着~(^O^)/

まずはホテルにチェックインして、
夕食は皿うどんの太麺にしたんですが。。。。

太麺の皿うどん





違う!
あのあんかけのをイメージしていたのに・・・・

これは焼きそばみたいだ。。。
後で調べると太麺の皿うどんは焼きなのだそうだ。
長崎ではこれが普通だそうで
細麺があんかけが掛かっているのなのだそうで。

( ..)φメモメモ

でも、おいしかった~☆
太麺もイケますね。

ランタンフェスティバルもやっていますけど
こちらは市内をまだ把握してないので駅前のオブジェ?でガマンw
ランタンフェスティバル

で夕食を食べて日本3大夜景を見るために稲佐山へ。
ロープウェイで登っていきます。。。

長崎夜景その1

長崎夜景その2

きれい~☆

函館が一番きれいなのかも知れませんが
20年前に行ったんでよく覚えてない(爆)
長崎も長崎でいいかも☆
でも、ちょっと夜は寒かった。薄着は失敗(TT)

あ、3大夜景の神戸は見てないんですよ。
関西にいるときいつでも行けるって感覚だったんで。。。

ケイタイからの報告で瀬川瑛子の歌の
「長崎の夜はむらさき」という題名にしたけど

よくそんな古い歌知っているねと言われましたけどww
1970年なんで私の生まれる前の歌なんですよ。
瀬川瑛子って「命くれない」のイメージですけど、
うちの親からすればこちらの歌だそうで。

雨にしめった 賛美歌の~♪

あぁ 長崎 長崎の夜はむらさき

http://www.youtube.com/watch?v=yas94wynDjE

帰ってきたのは21時半。
明日に備え、早めに就寝です。。。


【以降続く】

次回は

【九州旅行】その6 2月6日(3日目)長崎(前篇)

【九州旅行】その4 2月5日(2日目)熊本城・水前寺公園

ホテルの朝食はバイキング方式で
熊本名物の辛子れんこんがありましたんで
早速、食してみる。

辛~い(>_<)
ツーンと辛子が効いていた~。

今日は熊本市内を観光。

今日も天気が良くて気持ちいいし、関東と違って
全然、暖かいですね(^o^)丿
荒尾に行かなければというか、あと1日あるなら
阿蘇のほうに行きたかったんですが、
時間がなくて、熊本市内のみですが。。。

まずは路面電車に乗って、水前寺公園へ。
熊本路面電車
路面電車は全区間150円ってことで
熊本市民の足になっていますね。
使いやすいですね~(^o^)丿

こんな路面電車も
レトロなカンジ♪
路面電車レトロ調

J2のロアッソ熊本仕様
ロアッソ熊本路面電車

あ、ちなみにロアッソのロゴには跳ね馬がw
荒尾競馬があるからってことで(爆)

朝早くに水前寺公園に到着~(^^)

正式には水前寺成趣園っていうそうです。
誰もいな~い。
静かでいいねぇ。
水前寺といえば清子なんでしょうけど(爆)

ここ水前寺公園は
細川忠利が築造した東海道五十三次を模した築山や池に浮かぶ小島がある桃山式庭園
だそうです。

水前寺公園

芝生がきれいでしたね。
池に写る景色も美しいね~。
よほど手入れが行き届いているんですね。

ただ、肝心の撮影ポイントは逆光(涙)
一周30分くらいかな。
ちょっと、マンションが景観を損ねているかも。。。

また、ここから、路面電車に乗って
熊本城へ。
熊本城その1

熊本城は日本三名城のひとつ。

別名銀杏城といわれています。
加藤清正が築城して約400年だそうで。
ちなみに、日本の城で一番来場者が多いんだそうです。
そんな私も熊本城に行ってみたかったんですけどね。

残念ながら天守閣は西南戦争で燃やされ、復元されたんですが。
熊本城その2

城内は公園として整備され
石垣が素晴らしいですね。
櫓も残っており、宇土櫓はそのまま残っていました。
天守閣も美しい造りをしてますね。中は博物館になっていますけど
思わずみとれてしまいますね(^_^)
本丸御殿も復元されたので見学しました。

遠足で来ている小学生がいっぱいいたんでやかましいのですが
歴史の勉強になるのなら仕方ないかな~。

天守閣からの眺め
熊本市内
小高い山に築城されているの眼下に見下ろせますね。


で約1時間くらい熊本城を
見てましたけど、ゆっくり見てこんなものかな。
加藤清正公の銅像
清正公

お土産に辛子れんこんと銘菓陣太鼓をww
あと、熊本のいきなり団子を食べてみました。
いきなり団子

中に芋が入っているんですね。
2っも食べたらお腹いっぱい。。。

でここからバスに乗って熊本港へ。

ぎりぎり熊本港に到着(^^;)

ここから島原へ高速フェリー「オーシャンアロー」に乗船!
オーシャンアロー

なんと30分ほどで島原に到着します。
結構船の割には早かったですね。
平日なんで、乗客もそんなにいませんでしたけど。
近いんですね。船を使えば。。。
鴎がずっと飛んでました。。。

そして、島原外港に到着~
長崎県初上陸です!

【以降続く】

次回は

【九州旅行】その5 2月5日(2日目)島原→長崎(稲佐山まで)


【九州旅行】その3 2月4日(1日目)荒尾競馬観戦記 荒尾→熊本

[写真が多いです。]
[観戦記風なので通常の競馬撮影のつくりとは違います。]


荒尾競馬場ゴール板

ゴール板

荒尾駅を海のほうへ歩いて10分くらい。

荒尾競馬場に到着~。

空港からまっすぐここに来ようと思いましたが、
時間的なものでずっといるのは厳しいかなと。。
まずは新聞は競馬ホース(520円)を購入して、
新聞、やけに大きいなぁ。
いざ、荒尾競馬場へ。
入場門
荒尾競馬場入場門

みっきーはこれで中央・地方合わせて21場目(廃止3場含む)の競馬場です(≧▽≦)

荒尾競馬場は日本最西端の競馬場で
有明海を望む海の見える競馬場です。
天気が良ければ、遠く普賢岳がみえるそうです。
荒尾競馬場から有明海

平日しか開催されていませんが、
不思議なことに赤字をあまり出していません。
中津(廃止)の影響もあるのでしょうね。
中津の人材を多く受け入れているので。
交流重賞もありませんが、
九州産限定競走の霧島賞や大阿蘇大賞典・肥後の国グランプリなどの
名物レースが行われます。
特にずば抜けている騎手や馬もいないので
馬券的に一番難解な競馬場なのではないでしょうか?
コースは1200mの右回り。
JRAの馬券売り場もありますよ~。
馬券の種類も中央と同じ。
騎手は尾林幸彦騎手、吉田隆二騎手、杉村一樹騎手(あの小田部雪元騎手のダンナ)、吉留孝司騎手、村島俊策騎手など。
馬はそんな強い馬はいませんが、一時期、ダンツフレームがいましたね。
今はダイワマックワンがいるみたいです。
カンナSを勝ったトップオブピーコイは荒尾出身ですよね。
馬場的には直線が短いんで4コーナーで決まってしまいますが、
追い込みも効きますね。

スタンド
荒尾競馬場スタンド

頭数が少ない故、九州の競馬場では
M&Kということで(みちのく・九州)で人馬が交流しています。
冬開催出来ない東北で人馬とも使えない。
競走馬確保のため、頭数がもともと少ない荒尾の利害が一致して
岩手競馬からも、村松学騎手、菅原俊吏騎手・皆川麻由美騎手らが来てました。
それに、北海道の山口竜一騎手も参戦!
ってことで騎手の名前を見ても面白そうです。

さて、レースを見る前に腹ごしらえ。
何も食べていなかったので。。

有名なラーメン~♪
荒尾競馬場のラーメン

おいしかったです。とんこつ味で450円は安い~~(≧▽≦)

ただ、時間がなくてあまり味わえなかった。
やっぱり、時間足らなかったというか
どこにあるのか探すのに時間かかった(^^ゞ

もちろん、撮影もしましたよ(^o^)/
まずはパドック。
荒尾競馬場パドック

そして掲示板
荒尾競馬場掲示板

掲示板が手書き!
いいねぇ~♪風情があって。
久しぶりに見たよ。名古屋以来?

パドックは京都みたいに1本木が立っていて
下はダートでした。

さて、今日は特別レースがありまして

まずは3歳の飛燕賞トライアルフリージア賞

パドック(人気のホースナイン[尾林])
ホースナイン(2009年2月4日荒尾9Rフリージア賞)

返し馬はこんなカンジ(サツマシルフィ[杉村])
サツマシルフィ(2009年2月4日荒尾9Rフリージア賞)
社台の吉田〇哉さんと同じ勝負服ですが
選んだ理由もスキーキャプテンを見てこの勝負服にしたそうで。

向正面
荒尾向正面

ここはホースナインが圧倒的人気でしたが
勝ったのは2番人気イダテンサイレンス
2着にホースナインでした。

フリージア賞レース(優勝馬 イダテンサイレンス[吉留])
2009年2月4日荒尾9Rフリージア賞レース

最初のレース写真なんで戸惑いましたが(^^ゞ

10R立春特別はエムティボーイが人気でしたが、
オークスで斜行したノースサンデーの仔

ノースダンシングが勝利(≧▽≦)

エムティボーイ
エムティボーイ(2009年2月4日荒尾10R立春特別)

立春特別レース(優勝馬 ノースダンシング[尾林])
2009年2月4日荒尾10R立春特別(ノースダンシング)


この馬見てみたかったんだよね。。。
ホント偶然でした。
なんで九州にいるのかと思ったよ。
九州産馬なんだよねぇ。


次に11RA級とびうめ特別。
とびうめ特別をやるってことで太宰府に行こうと思ったんです(爆)
中央でも聞いたことある名前も多数いました。

エランセケイウンヘイローの一騎打ちの様相でしたが
なんかずっとこの2頭一緒に走っているね。
実況も地方らしくていいねぇ。園田っぽいね。

ケイウンヘイロー(パドック)
ケイウンヘイロー(2009年2月4日荒尾11Rとびうめ賞)

返し馬
メディアスナイパー(岩手から来た女性ジョッキー皆川麻由美騎手)
メディアスナイパー(2009年2月4日荒尾11Rとびうめ賞)

エランセ(杉村)
エランセ(2009年2月4日荒尾11Rとびうめ賞)


人気のエランセが出遅れ(>_<)
勝ったのはケイウンヘイローでした。

とびうめ賞レース(優勝馬 ケイウンヘイロー[吉田隆] )
2009年2月4日荒尾11Rとびうめ賞レース


途中、名古屋のレース挟んでいましたが
船橋の報知GCをやってほしかったかな(希望)


最終レースは最終レースは17:00
関東では真っ暗ですが、まだ、明るい。
ランブルローズ(岩手の村松学騎手)
ランブルローズ(2009年2月4日荒尾12R)

オールフォーラヴ(牧野)
オールフォーラヴ(2009年2月4日荒尾12R)

西日が眩しいです。。。

12Rは人気の菅原俊吏騎手のヤマニンリボールトが負けて、
勝ったのは2番人気のハクサンレジェンドでした。

3連複的中ですが安すぎ・・・


撮影に関しては
今日はみっきー含め3人ww
さすがにいないと思ったんですが、いましたねぇww
もちろん、ゴール前で撮影しましたが(爆)
撮り易いですが、光の具合が・・・
あと、最初はちょっと戸惑いましたが、
徐々に慣れてきました。。。
ちょっと見上げるようなカンジ。

馬券はあまり、当たっていないです。
やっぱり、難解な競馬場だ・・・・
ちなみに昔の中央の馬券販売機と同じです。
最終レースのころになると西日が眩しくて・・・
逆光ではないんだけど、なんか、海風があって
なんていうんだろうな。
のんびりしていて海風がやさしく包んでくれる競馬場でした。

また、荒尾競馬場に行ってみたいですね(^o^)/

それと、荒尾競馬のホームページは充実しています。
http://www.araokeiba.com/
廃止にしたくない気持ちの現れでしょうかすごい経営努力が感じられます。
全レースのレース写真なんてのもありますし。
(それでカメラの方がいたんだww)

どこの地方競馬も厳しいものです。
荒尾競馬場に興味のある方はぜひ行ってみてください。
ひなびたいい競馬場ですよ(^^)

そして、荒尾駅から熊本へ。
特急を待つのもよかったんでしょうが各駅停車で熊本へ。
やってきた電車ですが各駅停車なのに
座席が木製で革張りのクッションが。。
インテリア的にグゥ~b

九州の電車ってレベル高いね(^_^)

これが東北のだと・・・(T_T)

玉名あたりから一杯乗ってきて満員。。。

そして、熊本到着~\(^o^)/

宿に入る前に、
熊本といえば、熊本ラーメンってことで
いろいろリサーチした結果、有名なんですが

「黒亭」
http://kokutei.com/information.html

にしてみました。
ラーメンをオーダー。
熊本ラーメン

おいしかったですよ。
スープも濃厚で熊本ラーメンってカンジで。
お腹空いてたこともあって完食☆
黒亭


熊本の路面電車にも乗りましたよ~。
函館・札幌でしか乗ったことないけど味があるよね。

ホテルにチェックインして、
ホテルのなかのレストランみたいなところで
焼酎を少しのみつつ、地元の味を堪能しました。
5点盛りとかの刺し身とかつまみに。


【以降続く】

次回は

【九州旅行】その4 2月5日(2日目)熊本城・水前寺公園

プロフィール

みっきー

Author:みっきー
みっきーの競馬日記・写真が中心です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

並び替えましょ♪
クッククロック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
最新サッカーニュース